自分に似合うのはどんな色?ピッタリのネイルカラーを見つけよう

自分に似合うのはどんな色?ピッタリのネイルカラーを見つけよう

好きな色で楽しめるネイルアートですが、自分に似合う色は何色なのか知っている人は意外と少ないものです。好きな色=似合うとは限らないため、今まで以上にきれいなネイルを楽しみたいなら、自分に合うカラーを覚えておくのがベスト。

 

そこで今回は、自分に似合うネイルカラーの見つけ方を紹介します。好きな色でネイルをするとなんだか野暮ったい…と感じている人は必見ですよ!

 

自分に似合うネイルカラーは肌の色で決まる

 

顔立ちが1人1人違うように、肌の色にも個人差があります。ネイルの色がその人に似合っているかそうでないかは、肌の色とマッチしているかどうかの違い。そのため、好きな色で選んでしまうと浮きすぎて地味に見えてしまうことがあります。

 

よく、顔立ちが派手な人には派手な色が似合うと言われますが、これにならうと色黒の人には黒系ネイルが似合うという意味になってきますよね?この基準はネイルカラー選びには適さないので、肌色に合わせて色を選ぶようにしましょう。

 

一般的に、色黒の人には赤やオレンジなどのウォームカラー、色白の人には青や水色などのクールカラーが似合うと言われます。この基準を覚えておくだけでも、似合う色を探しやすいですよ。

 

肌色別!おすすめなのはこんなネイルカラー

 

小麦色に焼けた肌には、黄色・オレンジ・赤などの色を合わせるのがおすすめ。肌の色になじんでネイルを美しく見せる効果があります。自分の肌色が少し色黒寄りだと感じたら、ウォームカラーを塗ってみましょう。

 

色白の美白タイプには、ブルー・青緑・水色などがぴったり。白い肌によく映える色なので、お試しでクールカラーを塗ってみるのがおすすめです。

 

ウォームカラーとクールカラー以外の色は、俗に中間色と言われ、普通の肌色の人に最適。紫やグリーンなどがこれにあたります。自分の肌色が一般的な色味だと思ったらパープル系やグリーン系を塗ってみてください。

 

どうしてもマッチしない!そんな時はネイリストにチェックしてもらおう

 

肌の色に合わせてカラーを選んでも、なんだかしっくりこないことがあります。これは色の濃度による印象の違いかもしれません。同じ赤でも、真っ赤とボルドーでは雰囲気が異なりますよね?これと同じで、肌の色に対してカラーの濃度が合っていないことが原因のことも。

 

こうした時は、ネイルサロンで似合う色を教えてもらうのがおすすめ。ネイリストの客観的な視点から、自分にぴったりの色を見つけてもらえば失敗も少なくなりますね。

 

また、自分の好きな色を似合うように取り入れたい!と言うときも、ネイリストにおまかせすれば安心です。グラデーションにしたり、似合う色と組み合わせてくれたりと、アレンジして自分らしいネイルを作ってくれますよ。

 

 

 

指先を美しく見せる色は、これがベスト

 

肌色の違いに関わらず、どんな指先も美しくすっきりと見せるのはスキンカラー。自爪のように見えるナチュラルなベージュや、やわらかなピンクベージュなどがこれです。会社勤務で派手なネイルができないという人や、大人なネイルにしたいという人はベージュ系を選んでみましょう。色黒・色白・中間と、どの肌でも綺麗なネイルに仕上がります。

 

ポイントは、できる限り自分の肌色に近づけること。色黒なら、ベージュをスモーキーなグレー系ベージュにする・色白なら淡いベージュにするなどの工夫で、よく似合う色を見つけることができます。自分で色を調整するのなら調合して試し塗りすればOK。

 

ネイルサロンでオーダーする場合は、「バーチャルフレンチ」に自信のあるお店を選ぶといいでしょう。バーチャルフレンチは自爪と見間違えるような美しさなので、得意なお店なら自分の肌の色にぴったりなベージュを作ってくれます。

 

まとめ

 

自分に似合うネイルカラーは、肌の色で決まります。まずは自分の肌色を確認して、ウォームカラー・クールカラーのどちらになるかを把握すると簡単ですね。色の濃度を変えればきっとお気に入りの色が見つかりますよ。